業界トップラスの求人数を誇る企業

転職エージェント

年齢層 求人情報 求人数

マイナビ

20〜30代 全国 数万件以上

パソナキャリア

20〜30代 首都圏 数万件以上

リクルート

20〜30代 全国 数十万件

ランスタッド

20〜30代 全国 数万件以上

JAC Recruitment

20〜40代 全国/海外 数千件以上

公開求人数、および非公開求人数の合計が数千件〜数万件以上の転職エージェントのみ掲載しています。

イチオシの転職エージェント

マイナビエージェント

誰もが一度は聞いたことのある、この転職エージェントは、当サイトでも最もオススメしているサービスです。幅広い求人を取り揃えているだけでなく、応募書類(履歴書)や面接の対策などにも力を入れていることがその理由の1つ。専任のキャリアアドバイザーが人事の担当役になり直接アドバイスをいただくこともできます。詳細は後述しますが、求職者に対する手厚いフォローが売り。

 

公式HP:https://mynavi-agent.jp/

転職ジャンルごとによるオススメ

一部の業種では、専門の分野に特化した転職エージェントがいくつか存在しており、
現在と同じ業種の転職を希望される方は、以下の項目からピックアップした転職エージェントをご覧ください。

Web・IT系への転職

レバテックキャリア

IT関連の転職に非常に強いこちらの転職エージェントは、関東、関西、福岡を中心に展開しているサービス。どのキャリアアドバイザーも専門用語が通じる元IT関係者ばかりで、IT業界トップレベルの求人数を確保しています。

 

IT業界での転職を検討されている場合は、登録が必須と言っても過言ではない転職エージェントとなっており、特に専門性の高いこの職種では、前職で経験したITに関する技術を担当に詳細に伝えることで、その技術をより活かすことのできる求人情報を提供してもらうことが可能となります。

 

こういった点はITに関して何の知識も無いような素人に任せてはいけません。最低限のプログラミング知識や職場事情などを知っている元プログラマーや、かつてIT技術者として働いていたスタッフが人材紹介をおこなうべきなのです。そういった点を踏まえると、レバテックキャリアは非常に有力と言えます。

 

公式HP:https://career.levtech.jp/

ワークポート

元々はIT業界の求人を専門で取り扱っていましたが、現在は臨機応変に対応できる一般求人も多数取り揃えています。総合型ではあるものの、IT・ゲーム・インターネット業界などの求人が豊富な転職エージェントです。転職サポート期間の制限も無し。

 

この転職エ−ジェントの強みは、ずばりゲーム業界に強いということ。最近、話題になっているソーシャルゲームを制作している企業を始めとし、誰もが一度は聞いたことのある超大手企業の求人が並んでいます。ソシャゲ業界は非常に羽振りが良いので、高い給料が目当てでこの道を選びたいのであれば、まずワークポートへの登録が必須でしょう。

 

もちろんコンシューマーゲームの開発に携わる社員を募集している企業の求人もたくさん存在しますので、とにかくゲームに関する仕事に就きたいという場合は、こちらの転職エージェントを活用してみてください。

 

公式HP:https://www.workport.co.jp/

アパレル系への転職

クリーデンス

アパレルの経験を活かした転職・求人に特化した転職エージェント。大手企業だけでなく、外資系企業の求人も存在します。また、キャリアアップの相談から面接の対策まで幅広くサポートする体制が特徴的。

 

アパレル関連のお仕事に転職されるのであれば、こちらの転職エージェントに登録することで、より効率的に転職活動を進めることができます。公式サイトでは、編集部が定期的にアパレル転職特有のトラブルなどを取り上げて解決方法に関するコラムを書いており、参考になるものも多いですよ。

 

やはり特定の業種に特化した転職エージェントは、その業界に精通した担当者や、元々その道で働かれていた人たちが多いです。どうせ転職を支援してもらうのなら、人材紹介業の経験があるだけでなく、その道での職務経験もある人を頼りにした方が良いと思いませんか?

 

公式HP:https://www.crede.co.jp/

その他 業種への転職

リクルート

様々な転職エージェントの中で、圧倒的な転職支援実績を誇る業界トップクラスの求人数。大量の非公開求人の中からお好みの職種を検索することができます。また、業界や職種によって担当の方が変わりますので、どんなジャンルのお仕事であっても、ある程度までは話に付いていくことができるでしょう。

 

転職をする上で一番大切なのは数と言っても過言ではありません。転職回数の数ではなくて、求人情報の数です。それも有効求人の数。その点、リクルートであれば、常時、10万件以上の有効求人を掲載していますし、全国どこの地域にお住まいの方でも登録することが可能です。

 

たしかにジャンル特化型の転職エージェントは、優れたサポートを受けられるメリットがありますが、ただ1つ、最大のデメリットとして、一部の都市圏にしか対応していないという大きな問題があります。もし、対象外の地域にお住まいでしたら、こちらの全国の求人が掲載されているリクルートを頼りにしてみてください。

 

公式HP:https://www.r-agent.com/

マイナビエージェント

関東・関西の若年層に人気の転職エージェント。書類の準備から面接の対応まで、懇切丁寧に対応していただくことが可能。様々な企業の採用担当者と独自のパイプを持っており、非公開求人の数も多いです。求人案件の数で言えば、リクルートに及びませんが、転職に関するフォローという部分がとても強力です。

 

例えば、企業へ応募する時に作成する書類の書き方。基本的なことだろうと思われるかもしれませんが、これは、どの職種でどのようなアピールの仕方をしていけばいいのか、ということまで考える必要があり、より具体的で確実に効力を発揮するテクニックというものが存在します。「この企業は、送られてくる書類のどの部分に注目しているのか?」と言った具体的な知識を、応募書類の添削という形でアシストしてもらうことが可能。

 

そして、中途採用者の一番の難関。面接です。面接が苦手で仕方がない人は多いでしょう。実際に緊張してしまうと、頭の中が真っ白になることは誰もが経験したことがあるはず。この面接の練習を一人でやっていても、あまり緊張感がなくて意味がありません。しかし、マイナビエージェントであれば、赤の他人である担当の方が面接官の役を演じて、実際に模擬面談という形で練習相手になってもらうことも可能なのです。

 

公式HP:https://mynavi-agent.jp/

パソナキャリア

求人の各業種ごとにチーム体制で転職者の支援に当たっている転職エージェント。面談は平日、土日を問わず可能。こちらも多数の公開求人・非公開求人が用意されており、求職者の力強い味方になってくれることでしょう。基本的にはリクルート・マイナビの上記2社で十分かと思いますが、もし、最大限、できる限り選択肢を広げたいという場合であれば、こちらも視野に入れておくと良いでしょう。

 

リクルートほどの求人数ではありませんし、マイナビほどのサポートは期待できませんが、しかし、それでも大手の転職エージェントとして第三の選択肢には入るほどのサービスではあると断言できます。パソナキャリアに関する具体的な詳細は、公式サイトを各自でチェックしてください。

 

公式HP:http://www.pasonacareer.jp/

特別な方に推奨する転職エージェント

以下の項目に当てはまる場合、特に推奨される転職エージェントが2つあります。

ハイキャリアを目指す転職

JAC Recruitment

よりハイレベルな企業求人を探すなら、この転職エージェント。外資系企業や海外の転職、経理・財務・人事職種、メディカル業界など数多くの求人が存在。アジア各国でも知名度の高いグループが運営されています。並み外れた職歴や、技術をお持ちの方は、こういったハイキャリアの求人に特化した転職エージェントを利用してください。

 

一般的な求人を取り扱っている転職エージェントにも気に入る案件があるかもしれませんが、基本的には、より有力な人間を高い給料で欲している企業の求人を多く取り扱ったサービスの方が、より都合の良い形で話を進めることができます。担当者の方たちも、その手の案件に慣れていますので、レベルの高い場所を目指すのであれば、JAC(ジェイエイシー)リクルートメントへの登録は必須です。30代〜40代の方に特におすすめできます。

 

公式HP:https://www.jac-recruitment.jp/

リクルート

圧倒的な非公開求人数からハイレベルの求人を探すことが可能。応募が殺到されることを踏まえ、大手企業の戦略上、一般に公開できない重要な求人も多いです。そういった点を見ると、数十万件の求人数はダテじゃありません。

 

ハイキャリアな求人をお探しの場合は、JACとリクルート、この2つの転職エージェントを視野に入れるべきでしょう。通常の求人情報ばかりが掲載されているところでは、時間の無駄となってしまう可能性が高いです。

 

公式HP:https://www.r-agent.com/

フリーター・第二新卒でも安心の転職

ハタラクティブ

フリーター・第二新卒の方でも救いがあるのが最近の転職エージェントの素晴らしいところ。この転職エージェントは20代の転職をメインとした支援サービスをおこなっており、未経験者でもしっかりと対応していただけます。

 

「これまでの人生、中途半端に生きてしまった。」そのせいで、フリーターにしかなれず、低賃金で労働を繰り返す日々にウンザリしてしまっている。そんな人は、今すぐにこの転職エージェントを利用してください。ただし、このサービスが対応している地域は関東のみ。他の地域にお住まいの方は、下記のパソナキャリアをおすすめします。

 

公式HP:https://hataractive.jp/

パソナキャリア

ここは、幅広い求人が用意されている転職エージェントの中でも、特に柔軟なサポートを実現できる転職エージェントでもあります。求人規模の割に未経験者に優しいところが特徴。担当の方と共に未来を考えましょう。フリーター・未経験者、いずれもまだ諦めるのは早いです。

 

IT業界・メーカー・医療福祉関係・営業、これらの転職に対応しており、未経験者でも本人次第で転職できる可能性が大いにあります。もちろんパソナキャリアの社員はそれぞれの業界に詳しい人たちが配属されていますので、全力で取り組めば理想の求人に巡り合えるかもしれません。

 

公式HP:http://www.pasonacareer.jp/

 

円滑な転職のコツ

転職エージェントを使うことで、あちらから求人情報の紹介がされますが、まず先に、どのような企業に転職したいのかということをハッキリ伝えておいた方が良いです。そうすれば、やり取りの手間が減り、話が非常にスムーズに進みやすいので。

 

また、転職エージェントは非公開求人というものが非常に多く、各々登録することで、それぞれが独自に抱えている求人情報を提供します。つまり、選択肢の幅を広げたいという方の場合は、複数のエージェントと登録するのが賢い方法と言えるでしょう。

わたしの初めての転職体験記

 

わたしが転職を決意したのは昨年の秋ごろでした。職場の上司との関係があまりよくなく、業務内容も自分に負担が大きくなり心が疲れてきたことをきっかけに転職活動を始めることにしました。転職活動の流れのイメージがわからなかったので、アドバイスをもらおうと転職エージェントに登録をしました。

 

転職エージェントは数多くあり、どこに登録するか悩みましたがわたしは企業の紹介数が多いところを選びました。数多くの人と対面しているからいろんな意見を聞くことができると考えたのです。

 

そちらではまず転職活動を始めるにあたり、どの業種や業務内容がよいのかをあらかじめ決めておくとそちらに向けての道筋が立てやすいと教えていただきました。また転職活動のときは履歴書のほかに職務経歴書が必要になるということも知り、分からないことや転職活動での不安なことをエージェントの方に相談するよう心がけていました。履歴書と職務経歴書は自分だけできちんと仕上げる自信がなかったので、細かいところまで添削いただけるシステムがあったことは今でもありがたかったなぁと感じています。

 

転職エージェントに登録してから自分でも様々な企業を調べるようになり、ある企業の募集に目が留まり応募をしました。そちらでは面接のみで、エージェントの方に相談をし、面接指導も行っていただきました。立っているときの姿勢や声の大きさ、敬語の使い方なども見ていただき、自分では気づかないところも注視してくださったので相談してよかったと感じています。

 

様々な人に相談することで自分の転職活動を進めていくことができ、その企業に転職することができました。転職活動は自分のことを改めて考えるきっかけにもなるので、悩んでいる方は一歩踏み出してみることをお勧めします。

 

こんなタイプの人は必ず転職エージェントを使うべき!

現職に明確な不満を抱えており、転職をしたいと考えている人

 

転職を検討される方の中には、現職に不満を持っている人たちが大勢いらっしゃいます。一部のやむを得ない事情を除けば、大体の場合がこれに当てはまると思います。これらのケースの場合は、まず、現職の不満点を片っ端から挙げてみてください。

 

「年収が低すぎる。」「仕事が大変な割に給料が低い。」「職場環境が良くない。」「サービス残業があるのが気に入らない。」「人間関係が気に入らない。」「そもそもこの仕事が自分に合っていない。向いていないと感じることがよくある。」

 

人によって様々な理由があることでしょう。それらを明確にしておくことで、次に同じ過ちを繰り返さないようにするための武器になります。転職エージェントの担当者に対して、よく事情を話しておくことで、これを未然に防ぐことができるでしょう。

 

自分一人であらゆる転職活動をこなすことに不安のある人

 

もし転職エージェントなどの人材紹介サービスを利用しない場合は、一からすべて自分で求人先を探して、転職先を見つけ、書類選考の対策や面接の対策など、あらゆる下準備を自分だけで行わなければなりません。これを現職の労働と平行して行うことは困難でしょう。ただでさえ少ない休日に、転職活動を一から百まで自分でするのは非合理的です。

 

そんな時に役立つのが転職エージェントですね。自分のリクエストに応じて、世間では公開されていないような優良な求人案件なども含めて、人材紹介会社のプロたちが候補を見つけてきてくれますし、もちろんそれだけではありません。履歴書の書き方や、面接などでの対応の仕方。そして面接を受ける企業の下情報などもアドバイザーの方から教えていただくこともできるのです。

 

今の時代、たった一人で転職と向き合う方がおかしいんです。転職者の負担する金銭がゼロの状態で、圧倒的に便利なサービスを受けられるのですから、これから転職をしたいと検討している人は、まず先に転職エージェントの活用を視野に入れるべきでしょう。

 

ブラック企業に入りたくない人

 

日本は昔から働きすぎな文化がありますが、その悪い影響を受けて誕生したのがブラック企業という存在。現代社会では立派な悪と認識されているものの、いまだに数多くの企業がブラックな職場環境で労働者を苦しめています。

 

もしかすると、今ここにいるあなたの現職も、ブラック企業かもしれません。そんな人は、次の転職先こそ、もっとホワイトで人間らしい生活を送れるような会社に入社したいと考えているかと思います。そういった人にも、転職エージェントの活用はとてもオススメできます。

 

ある業界について何の知識も無いような一個人が、もしも自分で転職サイトの求人を片っ端から見て、応募をする、といったことをするのであれば、募集要項を見ただけでここがブラックかどうかなんて判別できませんよね。ですが、転職エージェントで働かれている方たちはプロです。その道で何年も納得できる転職先を紹介し、数多くの求職者に対して転職を実現させてきたという実績があります。

 

そのため、きちんとした転職エージェントでかつ、しっかりとした実績のある担当者(キャリアアドバイザー)に協力をしてもらうことで、ブラック企業に入社してしまうことのないように、取り計らってもらうことができるのです。

 

効率良く最適な転職活動を実現したい人

 

私のオススメしている「転職エージェントの複数靴用」では、よりスピーディに効率良く求人情報を得ることができます。また、選択肢を格段に増やすことができるので、一種の選球眼を身に着けることもできるはずです。

 

転職エージェントをいざ使うとなると、有望そうな転職先の求人情報を厳選し、そして実際に面接に行くことになるでしょう。しかし、実際に話を聞いてみると、募集条件と少し食い違いがあったり、会社の雰囲気があまり良くないと感じる場合もあります。そういう現地の情報を肌で感じることが転職では重要になってきます。

 

面接官は、応募者の査定をすることがその日の職務内容となっているでしょうが、しかし、転職者であるあなた自身もまた、企業の面接をしているのです。選ぶのは面接官だけではありません。応募者もまた、企業を査定するという権利があるのです。これらを学習という形で自分自身の能力として取り込んでいくことも、長い目で見ると効率よく転職することのできるポイントとなってきます。

 

忙しくて転職活動をしている暇がない人

 

「とにかく現職が大変。忙しい。転職活動なんてとんでもない。そんな暇ありません。」という人にも転職エージェントはオススメできます。前述のとおり、転職エージェントは求職者を支援するためのサービスですから、一人で転職活動をするよりも遥かに楽ちんなのです。求人情報の厳選や、応募書類の通し方は求職者であるあなたが何もしなくても教えていただくことができるでしょう。

 

最初に明確な条件を伝えておくことによって、専任のアドバイザーがしっかりと転職先の候補を探してきてくれることでしょう。これは後述しますが、もし、自分の要望をしっかりと理解してくれない担当が付いてしまった場合には、その事実をしっかりと伝えることで、別の担当者に変更してもらうことも可能ですよ。

 

よりレベルの高い求人情報が欲しい人

 

転職エージェントには幅広い求人情報が掲載されていますが、全体的な数で言うと転職サイトに劣ります。ですが、転職エージェントは転職サイトなどと違い、とりえあずあらゆる求人情報を紹介すれば良い、というサービスではありません。

 

また、それぞれのサービスごとに一般的には公開されることのない、特別な非公開求人を保有しています。そのため、本当に優れた人間のための、優れた求人情報を探す場合は、大手の転職エージェントを活用することが非常に大切になってきます。よりハイキャリアでレベルの高い求人情報は、誰にでも用意されているものではありません。対象外の人間から大量に応募が来ないようにするために、一部の限られた場所でしか道が用意されていない案件は確かに存在します。

転職エージェントを活用する上で知っておくべきこと

まず初めに担当者に対して明確に伝えておきましょう。

 

転職エージェントはたしかに便利なサービスではありますが、登録さえしてしまえば、あとは担当者に放り投げて自分は現職で働いておけばオーケーというものではありません。あくまでも、サポーターです。

 

ですので、まずは、自分の担当の方に対して、現職の不満点を伝えるだけでなく、次はどのような職場を探しているのかを具体的に伝えておきましょう。これを怠ると、的外れな求人ばかりが連絡されるようになるので、多くの時間が無駄になります。

 

希望年収だけではありません。業種や具体的な労働内容。月に与えられる休暇の日数や、残業時間などの詳しい情報を、提示するべきです。そして、自分の過去に経験してきた職歴をどのように活かしたいのか。そういったより具体性のある情報を、アドバイザーには伝えておきましょう。

 

担当者に不満があるなら変えてもらうべき。

 

いくら大手の転職エージェントと言えど、プロのアドバイザーを名乗っていたとしても、人間ですから、個々によって技量が異なりますし、相性の問題もあるでしょう。相手の言っていることが分からない。自分はしっかりと意見を伝えたのに、要望に沿って情報を提供してくれない。そういった場合には、担当者の方を別の人とチェンジしてもらうこともできます。

 

どうしてもそりが合わない場合は、躊躇なく変更を申し出てください。転職活動はあなたの人生を大きく左右する分岐点でもありますから、そこは容赦なく行きましょう。

 

本当に求人検索を任せても良いのか、試しても良い。

 

転職活動は人生のターニングポイントです。だからこそ、本当に信頼のできる担当者にサポートしてもらうべきでしょう。心配な人は、事前に以下のような質問を自分の担当者に対して質問してみてはいかがでしょうか?

 

「あなたはこの業界でどれほどの実績をお持ちですか?」「何人の求職者を転職に導いてきましたか?」「満足度はどうですか?」「その後、転職先に満足された人はどれくらいいますか?」「私の転職したい業界に関する知識はありますか?」「企業の情報にきちんと精通していますか?」「私の職歴だと、どれくらいのレベルまでの求人に手を出すことができるでしょうか?」「私の希望通りの条件に当てはまる求人に、私の職歴で通用するでしょうか?」

 

などなど。気になったことは全て聞いておきましょう。もしも、納得することのできない回答が来たら、その担当者はあなたには合っていませんので、別の人に担当を変わってもらうべきだと思います。本当に信頼できるパートナーと共に、転職活動を進めてください。

 

紹介された求人すべてに応募する必要なんて一切無い

 

転職エージェントの担当者が一生懸命、求人を探してきたからと言って、その全てに書類を応募する必要はありません。本当に気に入った求人のみで良いのです。世の中には、とりあえずそれっぽい案件だけメールで送っておけばいいやと、無責任な考えを持っているスタッフもいます。そういった悪質なスタッフは問答無用でチェンジしましょう。

 

希望通りの求人情報を提供できないような転職エージェントのスタッフは必要ありません。このサイトで紹介している転職エージェントに関しては、比較的、スタッフの数が多いところばかりとなっていますので、いくらでも替えのまともなスタッフがいるでしょう。真剣に転職のサポートに取り組んでくれる方に、あらためて転職の支援をお願いしてください。

 

結局のところ、最後はやる気次第。

 

根性論みたいですが、転職において、もっとも大切なことは、最終的にやる気だと感じます。多くの選択肢を持ち、広い視野で求人を厳選し、本当に自分に合った最適の転職先を探す。その熱意は面接などでも活きてきます。面接官に対する熱いアピール内容が相手の心を動かすことだってあります。

 

道中で躓いてしまうこともあるかもしれません。しかし、諦めずに執念深く前へ進むことを諦めないことで、新しい道が切り開けると私は信じています。